くりにっき

フルスタックキュアエンジニアです

CIマニアから見た各種CIツールの使い所

社内外でちょいちょい聞かれるのでメモ。

前置き

  • 100%自分の主観なので偏ってます
    • SaaSかオンプレならSaaS派。(自分でサーバの面倒身たくない)
  • 自分が使ったことがないものは紹介していません
    • 今回紹介してるTravis CI, CircleCI, Wercker, GitLab CI, Jenkinsに関しては仕事や趣味で各3〜4年くらいは使ってるはず

GitHubを使ってる場合

ライブラリを作ってる場合

紛らわしいですが https://travis-ci.org/ は無料版で https://travis-ci.com/ が有料版。

今は両方 https://travis-ci.com/ に統一されてるとのこと *1

OSSであれば基本的にはTravis CIを使っていればいいと思います。

Travis CIを選択する理由

Travis CIを選択しない理由

アプリを作ってる場合

アプリの場合

  1. テスト
  2. テストが成功したもののみ開発環境にデプロイ
  3. 開発環境で確認して問題がなかったらステージング環境にデプロイ
  4. ステージング環境にデプロイして問題なかったら本番環境にデプロイ

というワークフローがよくあると思いますが、Travis CIだと複雑なワークフローを組むのが大変なので CircleCIWercker を使うのがいいと思っています。

CircleCIとWerckerの共通点

  • 任意のDockerイメージが使える
  • ワークフローが組める
  • 設定ファイルがymlファイル
  • 無料プランでもプライベートリポジトリがビルドできる

CircleCIとWerckerの機能差異

CircleCI 1.0時代はWerckerの方が機能面で優秀でしたが、現時点ではCircleCIの方が全体的に使い勝手がいいと思っています。(今後変わるかも)

理由

  • Werckerは1リポジトリ1 Dockerイメージだが、CircleCIはジョブ単位で利用するDockerイメージを変えられる
  • CircleCIはスケジューラ(cronのようにジョブを定期実行)をサポートしているが、Werckerは非サポート
    • WerckerのAPIをcrontabから定期的に叩けばいけるんだけど、CIサービスだけで完結しないのが難点
    • 【宣伝】Werckerでジョブを定期実行しやすくするツールは昔作りました
  • CircleCIはほぼ全ての設定がymlに集約されているが、Werckerの場合ワークフローの定義部分は管理画面で設定する必要がある
    • リポジトリの管理者しかワークフローの設定をいじれないので、第三者がワークフローの設定変更のPRを送りづらい
  • CircleCIとWerckerではCircleCIの方が複雑なワークフローを組める
  • CircleCIだと自動実行だけでなく、人間が承認することによってワークフローの先のステップに進めるということができる(Manual Approval)

GitLabを使ってる場合

リポジトリ(GitLab本体)と一体化していて連携が楽なのでGitLab CI一択。

設定ファイルの書き方に細かい違いはあるものの、基本的にCircrleCI 2.1相当の機能があるので普通に使う分にはまず機能面で困ることは無いと思います。

GitLab CIの優位点

Jenkinsなどを使った方がいい場合

下記のユースケースに関してはJenkinsや他のツールを使った方がいいと思います

  • 複数のリポジトリにまたがるジョブを構築したい時
    • Travis CI・CircleCI・GitLab CI・Wercker、いずれにせよ複数リポジトリで連携させるジョブを作るのは難しい
  • Parameterized Trigger Plugin のように、ジョブ実行時にパラメータを選択したい時
  • ビルド環境がハードウェア依存の場合
    • 一番分かりやすいのはiOS/Android/Unityアプリなどのビルド
      • ただしCircleCIはiOSビルドをサポートしているし*4、GitLab CIでもMacをRunnerにすることでiOSアプリをビルドすることもできるので、「ハードウェア依存のビルドだからJenkins必須」とは一概には言えない
  • イントラ環境でのビルドが必要な場合
    • SaaSを使いたくない(使えない)という大人の事情以外にも、イントラ内じゃないとライブラリやパッケージがダウンロードできないというのはある
      • ただしそういう時でもCircleCIのEnterpriseを利用するとか、GitLab CIのRunnerをオンプレに置くという方法はある*5

追記:2018/12/8

from id:tnir

CIマニアから見た各種CIツールの使い所 - くりにっき

GitHub\.comを使ってる場合、GitLab CI/CD for GitHub (SaaS)の選択肢はないのかどうか。

2018/12/08 00:01
b.hatena.ne.jp

なるほど。これは知らなかったです

about.gitlab.com

アリかナシかで言えばアリで、GitHubだけどイントラ内でCIをしたい(が自前でJenkinsをホスティングしたくもない)ような場合にはGitLab CIに軍配が上がりそうです。(Runnerをホスティングする手間はあるけど)

*1: https://twitter.com/ndxbn/status/1071045198145191943

*2:TravisだとOracleのインストールだけで10分くらいかかった

*3: https://travis-ci.com/plans

*4:https://circleci.com/docs/2.0/ios-tutorial/

*5:GitLabはそもそもオンプレやんというツッコミはありそうですが、SaaSのGitLab.comとオンプレのRunnerを連携できます