読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くりにっき

ドリコムのプリキュアの人です

RubyKaigi 2日目まとめ #rubykaigi

Ruby RubyKaigi2014

昨日に引き続き当日中にうp完了!

昼間電源休憩しつつある程度まとめていてよかった、、、、*1

会期中+αの感想エントリ

Keynote: Coming soon...

  • 「Coming soon...」がセッションタイトル
  • 過去のRubyConfのkeynoteでしゃべったrubyの新機能(未来)に関して、どれだけ実現したか・どれくらい時間かかったかの振り返り
  • rubyconf 2001からruby2.0のことを話していて実際にリリースしたのは10年後
  • -> { }ラムダ式の書き方は最初文句言われたが、いざ入れたら評判よかった。
    • 他の人の印象を信じてはいけない
    • 個人的にはlambdaがtypoしやすいのでアロー演算子の方をよく使ってる
  • 実現率は 15/22 ≒ 68%。他の機能は言っただけで終わってる
  • OSSコミュニティはサメのようなものなので泳ぎ続けなければ死んでしまう

Ruby 3.0の話

  • 過去の経緯からリリースは10年後くらいになるかも?
  • 20世紀に生まれたスクリプト言語には型がないが、最近出たScala, TypeScript Dart, Golangスクリプト言語っぽいけど型がある
  • StaticTypingの構想
    • 静的解析によってバグの可能性をある程度検出できるが、型を導入すると柔軟性が下がる
    • Static typing は duck typingに反する
    • rubyにStatic Typingがない理由は、無くてもちゃんと動いたから
    • 型はコメント以上に信頼性がある(型が間違ってたらコンパイルエラーになるが、コメントが間違えていてもコンパイルエラーにはならない)
    • 型チェックを提供するとしたらrubyのサブセットに対して
      • requireに動的に変数を渡す、define_method, method_missingはおそらく制限がかかる
    • 詳細は日経Linux 2014年9月号/10月号に原稿書いたので読んでね!

Just in Time compiler for CRuby (CRuby言語処理系向けJITコンパイラ)

https://github.com/imasahiro/rujit

  • コードを実行しながらよく使われているところを最適化してコンパイルする
    • 実行しながらループの中で実行不要なコードをループの外に追い出すとか

Deep down fixtures

  • fixtureの特徴
    • YAML(CSV)形式
    • 実際(に近い?)のデータ
    • 同じオブジェクトで複数の定義があるもの
  • ymlはシンプルに書けるが構造に関しては考える必要がある
  • テストスイートの前にfixtureをINSERTして、その後テストを実行する
  • fixureはARオブジェクトだがコールバックとバリデーションがスキップされる
  • yamlにnullを書けばrubyにロードしたらnilになる
  • erb形式で書くことにより動的に定義できるが、railsチームはあまり推奨していない
  • fixtureは順番が考慮されないので、順番が必要な場合はOMAPを使う(Ordered Fixtures)
  • テーブル名とModel名が一致しないような場合は set_fixture_class "テーブル名": ModelNameで指定できる
    • Railsの規約にはずれているレガシーテーブルや、namespaceつきのmodelなど
  • test_with_transactionRails 4.2に入る?

The Twelve-factor Ruby 「Ruby を良くするための12のポイント」

  • 最初「Rubyで書かれたソースコードを良くする」のかと思ってたら「Ruby自体のソースコードを良くする」のことだったw
  • rubyコミッタはあまり協調的じゃないのでしばたさんはそのとりまとめや渉外担当をしている
  • 昼間の開発の半分をruby系のOSS開発している
  • コアクラスの仕様変更はmatzがきめる(どんなに良い機能でもMatzがダメと言ったらダメ)
  • スタンダードライブラリは各コミッタが自治権を持っている

コミッタに燃料投下する(問題を適切に伝える)方法

  1. reporting line(正しい報告経路)
    • メインラインはredmine(題名と内容の他は適当でおk)
    • サブラインとしてgithubでもokだがPRしか受け付けない
      • サブなのでコアなコミッタは生息していない
      • 大きな変更は必ずredmineにパッチを投げること
    • 新米コミッタは全部issueを見ている
    • いいbenefit
      • あとで実現されるかもしれないのでとりあえず登録しておくとよい
      • 似たような議論を教えてもらえる
      • 議論が発展する
  2. (その機能が入って)何に使うのか、何が嬉しいのかを書く
    • it should be ◯◯'s behavior(この機能はこうあるべき!)だとその人の思い込みのように思える
    • 例外ケース
      • symmetrical(upcaseがあるのにdowncaseがないよね的な)
      • POSIXにはある(カーネルの機能をrubyでラップ)
      • [BUG][SEGV]
    • コードをくっつけるとベスト
  3. 新機能は欲しいと言った人が作る
    • I propose awesome function !!!はダメ
  4. バグレポートでもコードつけるのがおすすめ
    • irbのバグかと思ったらrailsのバグだったのでrailsにパッチ送ったら直してもらった(いいはなし)
  5. ネーミング重要
    • 良い機能作ったけど名前がイマイチなら取り込まれない
    • 名前を意識するといいissueレポートが書ける
  6. レッドオーシャンは避ける
  7. いいレポートの書き方
    • 日本語 is ok, English is better
      • レポートは日本語でも受け付けてもらえるが、英語で書くとより多くに人に見てもらえる
    • いいバグレポートは「こうなると思ったのにこうならない」
      • 問題が再現するミニマムケースをつける
      • クラッシュログをつけて送る
      • railsで落ちた時はクラッシュログをつけてほしい(どこに原因があるか特定するため)
  8. 不具合があったらとりあえずtrunkで試す
    • 不具合はtrunkで先に直して各brnachにバックポートされるので、trunkでは直ってるかもしれない
      • trunkが最高のruby
    • 複数rubyのバージョンで試すとベスト
  9. redmineのurgentフラグを使わない
    • コミッタは優先順位をあまり見ない

Scalable deployments - How we deploy Rails app to 100+ hosts in a minute

  • Jenkinsで裏で本番環境でbundle installとか時間のかかるデプロイをさせておいて開発者は開発環境で確認しつつ、問題なければシンボリックリンクだけ変えて本番リリースというのが印象的だった
  • capistranoではなく https://github.com/sorah/mamiya でデプロイしてる

7 years of Ruby & Rails with the same web site

  • 海外のcherry-pickおじさんの話
  • 1つのコアコードをフォークしてそれぞれで改修していった時に、それぞれへの改修はcherry-pickするしかない
  • コードを共通化する方法はsubmodule, rails engine, gemの3通りあるが、submoduleだとCIが複雑になる
  • 意味を失ったテストつらい
  • リファクタリングの結果570万行追加されて333万行削除された

Power Assert in Ruby

  • power assertはエラーメッセージを手軽に読みやすくするためのもの
  • 一番有名なのはgroobyのpower assert
  • 今後rubyが標準でpower assertサポート予定
  • まとめ:power_assertとTracePointを使ってみて

Lightning Talks

  • transpecにはマジお世話になってますm( )m

その他雑感

  • AホールとBホールでそれぞれに遅延が出ると「Aホールの講演が10分延長して、終わってBホールに行ったらBホールは既に10分進んでいる」というのがあるので、時間がずれた時のバッファ(10〜15分くらい)ほしいかなと思った
    • あとはLTみたいに銅鑼鳴らすとか
  • 名札にアイコンあると分かりやすい

そういえば名札わかりやすくしてました(アイコンとkaja の称号) #rubykaigi

追記

セッションタイトル間違えてたのを修正

*1:飲み会で帰ってきたのが11時過ぎ